三国志桃園の誓い 青島ビール 巻物風タペストリー

11-1.JPG 三国志 桃園の誓い
巻物風タペストリー

●色:多色
●重さ:本体 37g
●サイズ:縦32cm 横20cm
●年代:不明
●素材:布・プラスチック
●備考:クルクルまくと巻物のようになります

 

11-2.JPG

● 三国志演義の序盤に登場する、「劉備」「関羽」「張飛」の3人が、
張飛の屋敷の裏の桃園で、義兄弟の誓いをかわす有名なシーンです。
そしてなぜか・・・↓


11-3.JPG

● 左側に青島ビールの宣伝が・・・。
青島啤酒公司と書いてあります。
ラベルには卍が・・・。
このラベル一般には見かけないので、かなり古いものでは・・・。


11-4.JPG

● 下部に赤字でDai Nippon Brewery Co.Ltd.の文字が入っています。
少し調べてみましたが、
大阪麦酒(アサヒビールの前身)、札幌麦酒(サッポロビールの前身)、
日本麦酒(エビスビールの前身)の
3社が1906年に合併して誕生したのが、
大日本麦酒(Dai Nippon Brewery Co.Ltd.)なのだそう。

その後、第一次世界大戦の戦後処理として、
ドイツ租借地であった青島が、日本に。
大日本麦酒は青島ビールの経営権を1914年に取得し、
その状態は1945年まで続いたそうである。

ということは、この巻物風タペストリーは、
1914年~1945年頃のものと思われます。

ラベルの卍は、ドイツの時代の名残でしょう。
※卍は欧米では昔は幸福のシンボルとされていたようです。
ナチスの党章(ハーケンクロイツ)となってからは、
幸福の意味合いはなくなってしまいましたが・・・。

この三国志の桃園の誓いと、ドイツと日本の支配が微妙にからんで
そこに秘められた何かを感じずにはいられません。


 

11-5.JPG

● 裏側です。器械織のようです。


11-6.JPG

11-7.JPG

●このような立派な箱に入っておりました。

コメントは受け付けていません。